腹筋の割り方を知ろう!

腹筋を割るために必要な期間や食事法など、知っておきたい腹筋の割り方を解説します

腹筋の割り方を知ろう!

鍛え上げられバキバキに割れた腹筋は、世の男性の誰もが憧れるスタイルといってもよいのかもしれません。しかし、

  • 運動が苦手だから鍛えるなんて無理
  • メタボだから今更腹筋なんて…

などと考え、割れた腹筋を諦めてしまっている方も多いようです。

それでも、「マッチョな腹筋になってみたい!」と少しでも思っている方は、第一段階として腹筋の仕組み、そしてその割り方について知っておく必要があるでしょう。こちらを読むことによって、是非とも筋トレ生活のスタートに役立てていただければと考えます。

腹筋のしくみについて

まずは、腹筋とはどのような構造になっているのでしょうか。腹筋を構成する2つの筋肉についてご紹介していきます。

シックスパックの象徴「腹直筋」

筋トレによって6つに割れたお腹を「シックスパック」と呼ぶことがあります。これは鍛え抜かれた肉体を象徴する言葉にもなっていますよね。

シックスパックに当たる筋肉を正しくは「腹直筋」と呼ぶのですが、実はこの腹直筋、元々割れている状態で存在しているというのはご存知でしょうか。しかし筋トレをしていない方のほとんどは、お腹が割れて見えるということはないですよね。

割れていないお腹の原因とは何か…それは、筋肉の上にある皮下脂肪にあります。例え筋トレをしたとしても、分厚い皮下脂肪があるうちは、せっかくの筋肉が隠れてしまうといわれているのです。バキっと割れた腹筋を作り上げたいのであれば、その部分の筋肉を鍛えることに加え、皮下脂肪を減らしていくことも必要不可欠な課題といえるのではないでしょうか。

脇腹にあたる「腹斜筋」

脇腹部分の筋肉は「腹斜筋」と呼び、こちらも腹筋トレーニングでは鍛えていくべき筋肉であると考えられています。こちらを鍛えることで、特に女性が憧れるくびれたウエストをはじめ、メリハリのあるボディを作り上げることができるでしょう。

また腹斜筋を鍛えることにより、シックスパックの見栄えにも良い影響を与えるほか、内臓の位置が整えられることで代謝アップにもつながるといわれています。

腹筋はどのようにして割れるのか

腹筋を鍛える筋トレを行う

割れた腹筋を実現するには、腹筋を意識した筋トレを取り入れることが絶対条件です。シックスパックにあたる「腹直筋」はもちろん、脇腹にあたる「腹斜筋」もバランスよく鍛えることが、美しい腹筋を作り上げることにつながるでしょう。

基本的な腹筋運動となる「シットアップ」や「クランチ」、腹斜筋にもアプローチする「バイシクルクランチ」などが、代表的な筋トレ方法となっています。

有酸素運動も忘れずに

前述にもご紹介しましたが、どんなに腹筋を鍛えたとしても、皮下脂肪がある限りは割れた腹筋を露わにすることは難しいでしょう。皮下脂肪を減らすための手段として有効なのが、脂肪燃焼効果をもたらす有酸素運動です。

軽いジョギングやウォーキングなどがそれにあたりますが、メニューにこれらを盛り込むことで、筋トレの効率アップにつなげることができるといわれています。

継続的にトレーニングを

どの筋肉を鍛えるときにもいえることですが、筋トレメニューは継続的に実施していくことが大切です。1回や2回の筋トレでは、割れた腹筋などは夢のまた夢といってもよいでしょう。性別や筋トレの強度によっても異なりますが、1か月以上続ければ、見た目にも変化が訪れてくるといわれています。