腹筋の割り方を知ろう!

腹筋を割るために必要な期間や食事法など、知っておきたい腹筋の割り方を解説します

腹筋を割るための食事法を知ろう

割れた腹筋を作り上げるには、筋トレに加え食事方法も変えていくことで、より効率よく鍛えることが可能となります。今回は、その食事法について探ってみましょう。

タンパク質を多めに摂取

栄養素の一つであるタンパク質は、身体のあらゆる組織を構成するのに必要なものとなっており、筋肉も約8割がタンパク質からできているといわれています。意識してタンパク質を摂ることにより、筋肉増強にも良い影響をもたらすこととなるでしょう。

とはいっても過剰な摂取では脂肪が増えてしまうことも考えられますので、高たんぱく低脂肪となる献立を考えていくことも大切です。食材としては、鶏のささみ肉、豚のヒレ肉、豆腐などがおすすめとなっています。

適度に炭水化物を

巷では炭水化物を控えたダイエットなどが流行していましたが、筋力をつけたいという場合には、適切な量を守っての摂取が必要不可欠となっています。炭水化物を構成する糖質は、運動するためのエネルギー源となってくれています。しかしこれが不足すると、そのエネルギーは摂取したタンパク質から補おうとしてしまうそうです。

つまり、筋肉の材料となってもらいたいタンパク質がエネルギーとして燃焼してしまうばかりでなく、エネルギー(糖質)不足によって、トレーニング(運動)の効率も下げてしまうことになってしまうといいます。特に筋トレを行う前などには、炭水化物を意識した食事を心がけるようにしていきましょう。

参考:減量期の筋トレの食事のポイント

プロテインを摂取する時間帯とは

プロテインといえば、筋トレをする方たちにとって筋肉づくりに有効であるといわれており、高タンパク質で低脂肪な食品であることが特徴となっています。水と混ぜて摂取するドリンクタイプのほか、錠剤タイプのサプリメントなども話題ですよね。

とはいっても、プロテインやサプリメントは決して安価なものではありませんよね。筋トレ初心者には特に、敷居の高い食品であるといってもよいでしょう。せっかくですから、より効率よく筋肉にアプローチしていくよう、摂取するタイミングに目を向けていくことが大切です。

1つ目は、筋トレ直後~30分後を目安とします。筋肉疲労がピークを迎えるタイミングでプロテインを摂取することで、タンパク質などの栄養が直接的に筋肉に届くといわれているのです。

2つ目は、就寝前のプロテイン摂取です。人の成長ホルモンは就寝中に多く分泌されるといわれています。そのため就寝前に栄養を補給することで、その吸収率がアップするという仕組みです。

最後は、朝食にプロテインを取り入れる方法です。目覚めた直後は胃腸のはたらきがまだ不十分な場合があるため、消化吸収のよいプロテインは身体に優しく、ヘルシーな食品であるといえるでしょう。